30代の肌や体の毛の特性について

若い時には肌に弾力があるため、少しぐらい毛穴が目立ってもそれほど気にはなりませんが、30代ぐらいからは肌がたるみ始めますので、その分毛穴が目立ってしまいます。

カミソリで自己処理すると、毛穴がブツブツと目立ってくるので肌を出したくない、と思う方もいるでしょう。

20代の頃はどうにか自己処理で誤魔化せたものの、どんどんそういうわけにはいかなくなってくるのが30代以降なのです。
さらに女性ホルモンは20代でピークとなって、その後徐々に少なくなっていって50代くらい男性ホルモンの方が優位になってきます。

身体の毛は男性ホルモンの量が大きく関係しており、男性ホルモンの量が増加すると身体の毛も濃くなってゆきます。

これらのことから女の人でも、女性ホルモンが減少し始める30代ぐらいから少しずつ腕やあしの体の毛が濃くなっていくという人が多いようです。

そのような30代の肌と体の毛の特徴を考えると、30代からの脱毛は絶対に手遅れではなく、始め時だと言えるでしょう。